在宅医療とは|在宅医療・訪問診療・訪問看護なら医療法人社団誠徳会 佐野在宅診療所・わたらせ在宅診療所にお任せ下さい

在宅医療とは

在宅医療とは

高齢化社会に伴い1997年に介護保険法が成立し、病院や診療所などの医療施設のみならず、ご自宅や高齢者施設で行う医療が注目されつつあります。在宅医療は外来・入院についで第三の医療と捉えられています。

在宅医療は通院が困難な患者様や住み慣れたご自宅で療養生活を送りたいなど、「住み慣れた自分の家で療養したい」「できれば最期までの日々は思い出深いわが家で自分らしく過ごしたい」在宅医療はそのような患者さんの想い、ご家族の想いから始まります。
患者様が不安なく安心してご自宅で過ごすためにはまだまだ課題はありますが、近年地域包括ケアシステムの確立に伴い環境も整備されてきたのが現状です。

在宅医療とは

在宅医療を利用されている方

◆寝たきりの方
◆慢性的な病気で通院が困難な方
◆身体的・社会的状況等で通院が困難な方
◆退院後できる限り住み慣れたご自宅・地域で療養生活を送りたい方

在宅医療とは

在宅医療を活用するメリット

◆通院のための辛い移動や病院での待ち時間がなくなります。
◆定期的な訪問による継続的な医療をお受けいただけます。
◆ご家族のみなさまの負担を軽減することができます。

在宅医療とは

在宅医療の内容

◆在宅酸素・中心静脈栄養や経腸栄養の管理
◆慢性呼吸器疾患での定期的な診察
◆リウマチ・糖尿病などの自己免疫疾患の診察
◆一過性の上気道炎、尿路感染などの診察
◆床ずれ、ケガなどの処置
◆その他、患者様の状態により採血・心電図・超音波検査なども行えます。

在宅医療とは

PAGE TOP